トラック買取 「わらをもすがる」TOEFLiBTスコア劇的アップ法 | 英語教材ランキングBEST20

「わらをもすがる」TOEFLiBTスコア劇的アップ法


テクニックで即、TOEFLスコアアップ!


「わらをもすがる」TOEFLiBTスコア劇的アップ法

価格:8,300円

販売ページの要約

TOEFLの点数をカンタンにアップしてしまいましょう。

あなたにやっていただくことは、この目次にある対策を全部読んでいく。たったそれだけです。

リスニングをシャワーのように浴びる?必要ありません。
そういった、真面目で時間のかかる、あなたにとって手間暇のかかることを求めているのであれば他をあたって下さい。

私が至上命題にしているのは「いかに楽して、あなたのTOEFLスコアをアップさせるか。」です。

私があなたに求めるのは、単純に読み切ってしまうだけ。
問題を解いていただく必要もありません。

読み切るまでに要する時間は2時間程度です。
これまでの実績で申しますと、これだけでも30~50点くらいであればアップします。

対象レベル

基本スペック

教材内容 PDF/冊子版 はじめに
ほとんどの受験者が知らないTOEFLの秘密。
TOEFL○○○○
TOEICと比較して○○を考える。
TOEFLにおける、日本の○○○とは
TOEFLが劇的に変化した!?その全貌を明かします!
日本人がTOEFLに向けて最初にやらなければならないこと。
真に意味ある、効率的な英単語学習法。
高得点を獲ることと、英語を勉強するのは別物
パート別対策。TOEFL解答の技法。
リスニング攻略。
まずは基礎知識。リスニングの概要。
リスニング問題の○○を知る。
リスニング問題 解法の段取り、手順。
リスニングの勉強時における超速マスターテクニック。
番外編 リスニングに役立つ効率化○○○○集
ライティング攻略
まずは基礎知識。ライティングの概要
ライティング「Integrated task」の○○基準と解法技術。
ライティング「Independent task」の○○基準と解法技術。
ライティングの超速マスターテクニック。
リーディング攻略
まずは基礎知識。リーディングの概要と段取り。
設問ごとの解法技術を考える。
未知の単語を、○○○○技法。
英単語を覚える技術。○○○○活用法。
文章における○○の知識を知る。
リーディングに絶対欠かせぬもの。
リーディング対策の効率化、必須○○○○
リーディングを○○で、○○できる必見○○○集
スピーキング攻略
まずは基礎知識。スピーキングの概要
スピーキング 「Independent task」の○○方法と解法
スピーキング 「integrated task」の○○方法と解法
スピーキングの超速マスター練習法
スピーキングにおける○○○○○を理解。
テスト開始4分前。 実力を100%引き出してTOEFLにあたる方法。
テスト終了9分前。本当に点数をとるための秘密の見直し術。
学習方法(最大の特徴) 私が至上命題にしているのは「いかに楽して、あなたのTOEFLスコアをアップさせるか。」です。 私は、TOEFLの点数が劇的に、悪魔的に、反則スレスレで、上昇する方法を教えます。
ですが、正攻法じゃありません。普通の勉強法で真面目にコツコツやっている受験生からすれば、「こんな方法を使われたらたまったもんじゃない!」と思われます。
対象レベル(難易度) 初心者から上級者(すべての人)
効果を得るまでの時間 2時間
一日の学習量
特典 生涯バージョンアップ無料宣言

お申し込み下さった方には、新たな手法や技術が発見された時、TOEFLの形態が変わり、このテキストが刷新された際にも無料でお送りします。実際に、TOEFLiBTへ移行した際、CBT時代の受講者全員に新たなテキストをお送りしています。

サポート内容 私たちを信頼してお申し込み下さった方を、誠心誠意サポートします。テキストの内容についてのご質問、ご相談には、いつでもメールサポートをご利用下さい。単なるテキスト販売でなく、勉強していく中でのご相談にもお答えします。同じくスコアアップに取り組む仲間として、精一杯サポートさせて頂きます。
キャンペーン内容/期間 全額返金保証あり
価格 8,300円
問い合わせ先/その他 ジャパンネットパートナーズ株式会社 thanks@uketsuke.info
リスニング力 ★★
スピーキング力
ライティング力 (当プログラムでは、ライティング、リーディングのレッスンはございませんが、リスニング、スピーキングを通じ、相応のライティング能力等は身に付きます。)
リーディング力 ★★ (当プログラムでは、ライティング、リーディングのレッスンはございませんが、リスニング、スピーキングを通じ、相応のライティング能力等は身に付きます。)

OK

2011年4月4日

このページの先頭へ